台湾アイドルTPE48(AKB48 TeamTP)デビューまでの長い道のり【年表】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽ネタ

はじめに

中国には料理とか歴史とか、色々と奥深いものがたくさんありますが、難しい話は抜きにしましょう。

今回は題して、「台湾アイドルTPE48(AKB48 TeamTP)のココが面白い!」

思いっきりサブカルですね笑

実は、日本的なアイドル文化が台湾に入ったのは、ここ最近のことなんですね。

その一つのポイントとして、AKB48グループの台湾進出が挙げられます。

色々あったわけですが、その流れをざっとまとめてみました。

こんな人に向けて書きました

  • 台湾のアイドルに興味があるアナタ
  • ちょっとでも台湾・中国に興味があるけど、どっから入ればええねん的なアナタ

デビューまでの長い年月

TPE48のメンバーやスタッフに長いこと給料が払われていなかったことは、AKB48 TeamTP立ち上げのニュースと合わせて報じられていたので、記憶に新しいと思います。

(※ 今の事務所ではなくて、前の運営だった「熙曜娯楽科技股份有限公司」の話です。)

実は、2011年からずっとくっちゃくちゃなんですよね。

というのも、当時からAKB48グループが台湾に進出するという話が何度かあったのですが、そのたびに立ち消えになってしまっていました。

ちょっと年表形式で見てみましょう。

年表

良さげな出来事を緑よくなさげな出来事を赤で示しました。
  • 2011/10/01

    AKB48のオフィシャルブログで台湾でのグループの結成が発表された。

    http://news.mtime.com/2011/10/02/1471880.html

  • 2014/12/07

    HKT48が台湾コンサートを行った際にAKB48の台湾人メンバーオーディションを行うことが発表された。

  • 2015/08/05

    オーディションで17人が“仮研究生”として採用された。

    https://news.tvbs.com.tw/entertainment/611332

  • 2015/12/15

    馬嘉伶が「AKB48紅白歌合戦」に出演し、研究生として「ヘビーローテーション」を歌唱。

    http://ent.ltn.com.tw/news/paper/940898

  • 2015/12/15

    馬嘉伶が2152名の中から勝ち抜き、チームBに「台湾留学生」として配属されることになった。

    http://ent.ltn.com.tw/news/paper/940898

  • 2016/03/26

    横浜スタジアムで行われた『祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢”in 横浜スタジアム』1日目の「AKB48 単独コンサート」において、フィリピンのマニラに拠点を置くMNL48、タイのバンコクに拠点を置くBNK48と共に、新グループを結成することが改めて発表された。

    https://tw.appledaily.com/new/realtime/20160326/825167/

  • 2017/07/09

    台北で行われたAKB48ファンミーティングの席上で、当初発表から6年近く経過した9月1日にオーディションを開始することが発表された

    https://tw.appledaily.com/new/realtime/20170709/1157360/

  • 2017/09/01

    台北で行われたオーディション募集開始の告知イベントにおいて、AKB48の阿部マリアが移籍加入することを発表した

    https://www.mirrormedia.mg/story/20170902ent002/

  • 2018/01/19

    2017年11月上旬迄に2次審査が行われ、「台湾研究生」を含む148人が3次審査に進んだ。3次審査は、合格者の半数をファンによる投票の結果を基に選び、従来の選考方式により残り半数の合格者を決めるという方式が取られ、2018年1月19日にファン投票と従来選考それぞれ36人ずつ、計72人に絞り込まれた。

    https://meteor.today/a/1icDe4

  • 2018/02/04

    最終審査の結果、45人が合格し、その内38人が1期生としてお披露目された。

    https://www.chinatimes.com/newspapers/20180205000611-260112

  • 2018/03/27

    5月から6月にかけて開催された『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』には本田柚萱、冼迪琦、陳詩雅、陳詩媛、邱品涵の5名が立候補した。

    http://news.lovenewstv.com/2018/03/tpe48akb48.html

  • 2018/06/15

    台湾の事務所「熙曜娛樂科技股份有限公司」が3ヶ月以上スタッフに給料を支払っていなかったことが発覚。スタッフの立替払いや番組制作費も未払い。総額は300万台湾ドルにも達すると報じられた。

    https://www.mirrormedia.mg/story/20180615ent001/

  • 2018/07/30

    TPE48はAKSより運営会社との合弁およびライセンス契約が解消されたことが発表された。同じく2018年7月30日に新設される「阿克斯娯樂有限公司」に運営権をライセンスするとともに「AKB48 Team TP」を新たに発足させることが発表された

    http://www.epochtimes.com/gb/18/7/30/n10600792.htm

  • 2018/08/26

    台北で行われた『第4回Touch The Japan in 台湾』において、TPE48から移籍したメンバー35名が改めて1期生としてお披露目された

    https://stars.udn.com/star/story/10092/3331254

  • 2018/10/11

    給料未払い事件の折にTPE48を脱退していた陳詩媛が、別会社の立ち上げたガールズグループ「5TEAM」のリーダーとしてデビュー。 双子の姉である陳詩雅はAKB48 TeamTPに在籍。兄弟対決の様相を見せていると話題に。

    https://www.mirrormedia.mg/story/20181011ent025

AKB48 TeamTP(TPE48)の黎明期、初期以前、初期

ファンの反応をざっくりいうと、こういうことかな。

詳しいことは、上の年表を見てください。

黎明期:幻の台湾進出

台湾でAKBグループが旗揚げするらしいぞ!
名前は台北だからTPE48になるっぽいぞ!
オーディションはまだか!?

初期以前:世界選抜総選挙そして給料未払い

たかみな卒業だー…って、え、「世界選抜総選挙」!?
阿部マリアがTPE48に移籍かー、頑張れー!
台湾から5人立候補かー、頑張れー!
(その後、3ヶ月以上給料未払いだわ、社長が酔っ払ってレッスン見にくるわ、なんなん?この事務所)

初期:AKB48 TeamTPそして双子のライバル

TPE48がAKB48 TeamTPとして再生かー!
長い道のりだったなー、頑張れー!
って、え!?陳詩媛が別会社からデビュー?双子のお姉さんTPにおるよ!←イマココ

ということで

波乱万丈な流れがお分りいただけましたよね。

これからどうなっていくんだろう。

中国語を勉強し始めた時期とか、旅行で中国や台湾それから香港などに行く機会があったりとかすると、中華圏のことに興味が湧いてくる人も多いと思います。

これから台湾風のアイドル・芸能がどう発展していくのか、楽しみですね。

個人的には、先にデビューしちゃった双子の妹・陳詩媛がリーダーを務める「5TEAM」も注目だと思います。

世界選抜総選挙ポスター