ブログ記事のディスクリプションを書く時のチェック用ツールを作りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
WEBプログラミング

ブロガーさん、こんな悩みないですか?

ディスクリプションって大事そうだけど、どうやって書けばいいのかわからないよ

\僕もです/

なので、書き方のコツを勉強して、チェックしてくれるツールを作っちゃいました。

参考サイト

まず、参考にさせていただいたサイト様をご紹介します。

2018年最新|ディスクリプションの最適文字数と効果的な書き方【スニペット変動への最適解】 | ノマドワ
2018年5月スニペットの文字数が150字〜170字に変動しました。今のディスクリプション(meta description)の最適な文字数や効果のあるディスクリプションの書き方5つのコツをご紹介。そもそもディスクリプションって何?スニペットとの違いは?ディスクリプション は不要?などの疑問をGoogle公式ヘルプより...

フリーランスWEBライターのたなりさんが、「ディスクリプションとは何か」「何文字くらいがいいの」と言う疑問に答えてくださっています。興味のある方はぜひ。

ざっくり言うと

やはり上のサイトからの引用ですが、ディスクリプションのコツは下の5つを気をつけるといいらしいです。

  1. 文字数いっぱい記入する
  2. 対策キーワードを1回以上入れる
  3. 課題解決方法を書く
  4. サジェストワードを盛り込む
  5. 無駄な表現を省く

ディスクリプションのチェックツール

上のコツを守れているかどうかをチェックするためのツールを作りました。

作ったといっても「Google Spreadsheet」で関数を使っているだけですが。

画像でいうとこんな感じ。

ディスクリプションのチェックツール

チェックできるポイント

  • 文字数
  • 指定したキーワードが含まれているかどうか

たなりさんのチェックポイントで言う所の、1・2・4あたりはなんとかカバーできています。

「課題解決方法を書く」と「無駄な表現を省く」は自分で確認してください(おい)

ディスクリプションチェックツールを使ってみる

つきのひと
つきのひと

リンク先のスプレッドシートは編集できないので、複製してお使いください。

からくり

文字数カウント

文字数を数える関数があるので、これを使えば一発。

=len(【ディスクリプションのセル】)

キーワードが含まれているかどうかをチェック

これがちょっと面白いです。

関数ifではワイルドカードが使えません。

なので、countifという関数と組み合わせて使います。

参考URL:http://www.moug.net/tech/exopr/0090052.html

=if(countif(【ディスクリプションのセル】,【キーワードのセル】),"◯","×")
キーワードのセルは、キーワードを「*」で囲むのがポイントです。「つきのひと」というキーワードならば「*つきのひと*」と入力します!

僕の場合、サジェストワードは手軽にaramakijake.jpを使用してます。

実際使ってみた

使用例1

記事タイトル「簡易スクレイピングならGoogleChromeのjavascriptコンソールが便利すぎる」

修正前

Google Chromeのjavasciptコンソールを使用して簡易的にWEBスクレイピングをする方法。

修正後

手軽にスクレイピングをするやり方3つのポイント!「Google Chromeの検証ツールでhtmlの確認」「javascriptコンソールでCSSセレクタを指定」「コピーしたデータをGoogle Spreadsheetに貼り付ける」。この3つを順番に覚えていけば、簡単にサイトから情報を抜き出して、自分だけのデータベースを作ることができるようになります。初心者でも画像を見ながらマネしてOK。そもそもスクレイピングってpythonやphpの知識が必要なの?という不安を解消します。

使用例2

タイトル「ローソン+origamiで電源・無線LAN・コーヒー無料!ノマド民に明るい未来」

修正前

ローソンでorigamiアプリ使ってコーヒーを無料でもらう + 無線LANと電源を無料で使う → 快適なノマド環境やん

修正後

無料で快適なノマド環境を手に入れる方法3つのポイント!①「スマホにorigami payアプリをインストールする」、②「支払い方法(銀行口座orクレジットカード)を登録」、③「machiCafeのあるローソンに行く」。この3つを実行するだけで、コーヒー無料!無線LAN無料!電源も無料!origami payが使える店の代表とも言うべきコンビニのローソンでこんなお得なキャンペーンをやってます。

まとめ

というわけで、たなりさん、参考にさせていただきまして、ありがとうございました。

改めて、ディスクリプションチェックツールを使うと、以下のことができます!

  • 文字数をチェックすることができる
  • キーワードが含まれているかどうかチェックすることができる

SEO効果についても、追って検証してみたいと思います。

ディスクリプションチェックツールはこちらから

ディスクリプションチェックツールを使ってみる

つきのひと
つきのひと

リンク先のスプレッドシートは編集できないので、複製してお使いください。