日々追われている仕事が創作活動の糧になるという話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エッセイ

はじめに

前回の投稿では「スキマ時間クリエイター」という楽しみ方を提唱しました。
[post id=”882″]
ざっくり言うとこれは、どんなに忙しくても諦めずに、何らかのクリエイター活動を楽しもうよという話でした。
今回は、もう一歩踏み込んで、自分がどうして創作活動をしているのか、なぜそれを続ける必要があるのか、そのあたりに向き合ってみませんか?
少し重そうな話題にも見えますが、結論はすでに日常の中に隠れているというか、自分探しの終着点は結局自分だったというか、とにかく身近なことを大事にしようという話。

〇〇クリエイター、◯◯ブロガー

とはいえ、僕のアイデアはシンプルで、「〇〇クリエイター」とか「◯◯ブロガー」の〇〇の中に、自分が日々追われていることを入れる。
それだけです!
たとえば僕の場合は…
子育てクリエイター
子育てブロガー
先生クリエイター
先生ブロガー
中国専門家クリエイター
中国専門家ブロガー
みなさんも色々あると思います。
別に仕事とか真面目なことでなくても、趣味とかでもいいと思います。
ドラマウォッチャーDTMerでもいいし、
ジョギング好きDTMerでもいいし、
お風呂好きDTMerでもいいと思います。
 

「代弁者」になろう

さて、なにかしら言葉が浮かんだら、
ここでひとひねりしてみましょう。
 
自分が「代弁者」になるならどの立場でしょうか。
 
 
 
「子育てDTMer」の例で言えば、

  • 自分(父親として?夫として?)
  • 妻(母として?妻として?)
  • そして娘の立場

「学校の先生DTMer」でいえば、

  • 学生にとっては先生な自分
  • 職場でいえば下っ端な自分
  • 学生(色々な立場があります)

 
「中国語DTMer」でいえば、

  • 国際恋愛・結婚の人たち
  • 英語は苦手だけど中国語なら頑張れるという学生
  • 中国古典神話の中の誰か

 
仕事でなくて趣味を選んだのであれば、
それに没頭しているときの心の動きとか、
そういったものを原点にするといいかもしれません。
 
歌詞を書くのなら、
その立場の人の言葉を代弁するつもりで。
 
曲を書くのであれば、
彼らの心や空気を代弁するつもりで。
 
こんなふうに考えてみると、
創作活動とは関係ないつもりでいた仕事も、
音楽表現の糧になっていく気がしてきませんか?
 

まとめ

さまぁ〜ずの三村さんが言っていましたが、
「大人はみんななにかのプロ」
 
せっかく仕事で頭や心を使っているのだから、
あるいは没頭できる趣味があるのであれば、
色々観察して、創作のタネにしてしまいましょう。
 
僕は「子育て DTMer」であり、
また「学校の先生DTMer」であり、
そして「中国研究DTMer」であることを、
創作活動の動力にしていきたいと思います。
 
特に、学校では色々な学生と触れ合います。
彼らから学んだことが山ほどあるんです。
 
でもこれは少し長くなるので、
また次の機会にお話ししたいと思います。