新Macにまっさきにインストールしたもの(DTM関連)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PC・MAC
IMG_0082

Mac miniの購入

僕は以前からMacBook Airを愛用しており、
自宅でも野外でもそれを肌身離さず抱えていたのですが、
先日ついに新しいMacの購入に踏み切りました。

理由は以下2点です。

  1. MacBook Airの容量がパンパンになってきたこと
  2. MacBook AirのCPUおよびメモリの関係で頻繁にオーバーロードが発生してしまうこと
とはいえ、予算の都合もあるのでゴミ箱は購入できず、
とりあえずMac miniを選択しました。
(マシンパワーについては今よりマシになればいいかなというくらいだったので…)

まっさきにインストールしたもの(DTM)

で、早速「Logic Pro X」をApp Storeの「購入済み」からダウンロードしました。
そうなると次はソフトシンセやプラグインをインストールし直さなければですが、
MacBook Airには結構雑多なものもインストールしてしまっていたので、
ざっくりと取り急ぎ必要なものだけをインストールするにとどめました。

それが以下の数点です。

  • Vocaloidライブラリ
  • Piapro Studio
  • Addictive Key
  • Addictive Drums2
  • Garritan Personal Orchestra(Aria Player)
  • SILK(Eastwest Play)
  • Melodyne
上から、(ヴァーチャル)ボーカル、鍵盤、ドラム、弦楽器、アジア楽器、ピッチ調整ですね。
これにギターとベースが加わればバンドものは一通り揃うわけですが、
それらは一応自分で弾けるので、ソフトシンセの購入は考えていません。
(ベースは曲調によってはシンセ系の音色で打ち込むこともあります)

バンドものはだいたいこれで

ということで、基本的な楽器群はこれらの組み合わせ+Logicのプリセットでなんとかやりくりしています。
あとはドラムのブラシ音色が欲しいかなというところ。
(…実はこの願望は黒金セールによって叶えられたのですが、それはまた後ほど)
今後、これらのいい感じな使い方などご紹介できれば良いですね。
今回は自分の貧弱な音色状況をざっと紹介した感じにとどめます。