古くて新しいヒーリング音楽「編鐘」で心を落ち着かせよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
心の健康

はじめに

ぶんぶん
ぶんぶん

こんにちは、(おん)(がく)大好(だいす)き、ぶんぶんです!

今回(こんかい)は、(あたら)しいヒーリングミュージックとして、「(へん)(しょう)」を紹介(しょうかい)します!
中国(ちゅうごく)音楽(おんがく)というと、台湾(たいわん)ポップスには結構(けっこう)かっこいいロックや感動(かんどう)(てき)なバラードがたくさんあります
でも、今日(きょう)はあえて、宮廷(きゅうてい)音楽(おんがく)
(むずか)しくないから大丈夫(だいじょうぶ)
(こころ)(みなもと)究極(きゅうきょく)のヒーリング音楽(おんがく)()れてみてください!
「そもそも(へん)(しょう)って(なん)?」という(かた)(ひと)()魅力(みりょく)はこちらです。
どーん!

1. バカでかい、クソ重(おも)い

ぶんぶん
ぶんぶん

写真じゃ分かりづらいかもしれないけど…

(おも)さは全部(ぜんぶ)4.5トン
演奏(えんそう)するのも3(にん)がかり。[/vk]

(ほん)などで(へん)(しょう)説明(せつめい)()るとだいたい、なんだかすごそうな説明(せつめい)(おお)いです。

  • 中国(ちゅうごく)国宝(こくほう)である!
  • その出土しゅつど音楽おんがくえる世紀せいき大発見だいはっけんであった!

でもそれって、(へん)(しょう)()ってる(ひと)にとっては()たり(まえ)情報(じょうほう)です。
しかも、知()らない(ひと)からしてみたら「だから(なん)なの?」って(かん)じです。
なので、結局(けっきょく)そんなこと()ったってしょうがないわけです。
もっとシンプルに、バカでかい、クソ(おも)でいいんじゃないかと。
だって、バカでかいし、クソ(おも)いんだもん。
そんな、バカでかくてクソ(おも)(へん)(しょう)ですが、音楽(おんがく)(てき)にはなかなかできるやつです。

ぶんぶん
ぶんぶん

とにかく音色(ねいろ)()いてほしい

ということで、(ふた)()魅力(みりょく)はこちら…

2. 透(す)き通(とお)る高音(こうおん)と力強(ちからづよ)い低音(ていおん)

なんとなく全貌(ぜんぼう)がつかめそうな(かん)じの動画(どうが)です


いかがでしょう。

ぶんぶん
ぶんぶん

なんだか邪念(じゃねん)()(はら)われるような()がしませんか?

(たか)(おと)がすーんと()()った音色(ねいろ)(ひく)(おと)がぼーんとお(てら)(かね)みたいな音色(ねいろ)
元々(もともと)中国(ちゅうごく)歴代(れきだい)王朝(おうちょう)宮廷(きゅうてい)儀式(ぎしき)などで演奏(えんそう)していた楽器(がっき)です。
()ってみれば、ご先祖(せんぞ)(さま)神様(かみさま)(うやま)って、人々(ひとびと)(めぐ)みを(あた)える、究極(きゅうきょく)のヒーリング音楽(おんがく)ですね。
このように伝統(でんとう)楽器(がっき)としての威厳(いげん)(かん)じる(へん)(しょう)ですが、(じつ)はそれだけではないんです。
な、な、な、なんと…

3. 西洋(せいよう)クラシック音楽(おんがく)もいけちゃう

(へん)(しょう)音楽(おんがく)(てき)魅力(みりょく)は、音色(ねいろ)だけでなくて、意外(いがい)といろんな(きょく)演奏(えんそう)できちゃうところです。
こちらの動画(どうが)タイトルはずばり古代(こだい)楽器(がっき)でもベートーベンを演奏(えんそう)できる」原題(げんだい)古代(Gǔdài)樂器(yuèì)()(shì)可以(kěyǐ)演奏(yǎnzòu)貝多芬(Bèiduōfēn)」)です!


(へん)(しょう)は、はるか2000以上(いじょう)(まえ)使用(しよう)されていた古代(こだい)楽器(がっき)です(動画(どうが)使(つか)われているのは複製(ふくせい)ですが…)。
それでも音域(おんいき)は5オクターブ(はん)もあります。
現在(げんざい)の88(けん)ピアノは7オクターブと(すこ)しなので、さすがにそれには(およ)ばないものの、(むかし)のピアノには54(けん)のもの(4オクターブ(はん))などもあるので、それよりは(ひろ)音域(おんいき)()っています。
音階(おんかい)としては、オクターブによっては(なに)()に12半音(はんおん)(そろ)っているので、中国(ちゅうごく)宮廷(きゅうてい)音楽(おんがく)だけでなく、色々(いろいろ)(きょく)演奏(えんそう)できてしまうんですね。

中国(ちゅうごく)で12音階(おんかい)発明(はつめい)されたのも、平均(へいきん)(りつ)発明(はつめい)されたのも、意外(いがい)西洋(せいよう)より(はや)時期(じき)だったという(せつ)がある(はなし)は、また今度(こんど)にしましょう。

まとめ

ところで、「(へん)(しょう)」って中国語(ちゅうごくご)でなんていうの?

 

ぶんぶん
ぶんぶん

「biānzhōng(びぇんじょん)」っていうんだよ。

さて、一般(いっぱん)(てき)に…

  • 楽器(がっき)といえばピアノ
  • 楽譜(がくふ)といえば五線譜(ごせんふ)
  • 音楽(おんがく)理論(りろん)といえば楽典(がくてん)

というように、なんだか西洋(せいよう)のモノや文化(ぶんか)標準(ひょうじゅん)という意識(いしき)が、どこかしらあるような()がします。
いわゆる()西洋(せいよう)民族(みんぞく)楽器(がっき)でも、西洋(せいよう)音階(おんかい)で、西洋(せいよう)(きょく)演奏(えんそう)できてしまう。
これは、世界(せかい)文化(ぶんか)(かんが)えるにあたって、非常(ひじょう)面白(おもしろ)いところですね。
ということで、今回(こんかい)時代(じだい)空間(くうかん)もぶっ()んで、中国(ちゅうごく)宮廷(きゅうてい)音楽(おんがく)紹介(しょうかい)してみました。
個々人(ここじん)()文化(ぶんか)(たい)する()(ざら)(ひろ)がると、社会(しゃかい)もそれだけ多様(たよう)(せい)(たい)する()(ざら)(ひろ)がるような()がします。

ぶんぶん
ぶんぶん

ちょっとまじめに()めてみました。てへ。