ワンタッチで和音を確認できるスマホアプリChordTap

スポンサーリンク
スポンサーリンク
chordtap

今回は、曲を作っていて思いついたコード進行を今すぐ確認したい!というときに「でも楽器がない」とか「ギターは背負っているけど今電車だから」とか「DTMアプリのピアノロールとかで1音1音パチポチするのは面倒だなー」とか「そもそもコード何それおいしいの?」とか、そういうときに大活躍なコイツを紹介します。レビュー動画もあります。

new_IMG_6867

筆者iPhone内作曲関連アプリ(一部)


その名も「ChordTap」です。

まずはレビュー動画をどうぞ

ChordTapとは

シンプルイズベストを絵に描いたようなアプリで、コード名をタップしたら、そのコード構成音がピアノのストロークでジャーンと鳴る仕組み。

コードの数が豊富

「Set1」から「Set4」までの4枚の画面に分かれていて、合計24種類×12のルート音で、なんと288通りのコードがかきならせます。
ちなみに無料版と有料版(¥240)があって、無料版だと「Set1」の72種類のみ。
参考.Set1のコード一覧表

E7 E6 E Em Em6 Em7
F7 F6 F Fm Fm6 Fm7
F#7 F#6 F# F#m F#m6 F#m7
G7 G6 G Gm Gm6 Gm7
G#7 G#6 G# G#m G#m6 G#m7
A7 A6 A Am Am6 Am7
A#7 A#6 A# A#m A#m6 A#m7
B7 B6 B Bm Bm6 Bm7
C7 C6 C Cm Cm6 Cm7
C#7 C#6 C# C#m C#m6 C#m7
D7 D6 D Dm Dm6 Dm7
D#7 D#6 D# D#m D#m6 D#m7

ご覧の通り、「Set1」にはM7やsus4など結構使うコードが入ってないので、なんだかんだで有料版をお勧めします。
有料版だと上記のコードの他にも…
M7,add9,aug,7sus4,dim,mM7,7(9),M7(9),madd9,m7(9),m7(11),m7(b5),7(#5),7(#9),7(#11),7(13),7(b9),7(b13)
というように、テンションコードがたっぷり詰まっていますね。ジャズの参考書とかでよく見るけれど、一体どんな和音なんだろう…というときには、迷わずコイツでタップしてみるとスッキリします。責め責めのおしゃれコードを理論的に並べていくのは少しハードルが高いけれど、これならテンションの響きを楽しみながら何とか良さげな進行を考えられそうですね。そんな甘っちょろいこと言ってたらジャズおじさんに怒られるかもだけど、理論的に構築したってどうせジャズおじさんは起こります。開き直って自分の好きなコード進行を探しましょう。

ということでコイツの魅力をまとめると

  1. シンプルイズベスト
  2. 和音の種類が豊富
  3. 色遣いがちょっとオシャレかも

逆に惜しい点

シンプルイズベストの裏返しですが、押したら鳴るというだけなので、たとえばコードを並べて自動的に再生させるとか、そういう使い方はできないです。そういうのがしたい人には「Phrase Note」というアプリが手軽でオススメかも。