【高田馬場・李厨】中華食レポ!激辛湖南料理の「マーラータン」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
中華料理

高田馬場には、おいしい中華料理屋さんがたくさんあります。

つきのひと
つきのひと

僕が知っているだけでも、片手では…いや、両手でも数えきれないくらいのお店があります。

今回は、『李厨』さんのマーラータン(麻辣烫)をレポートします!

 

『李厨』さん

ランチメニューはコチラ。

さて、このお店は「激辛G1グランプリ」にも参加するぐらい、激辛メニューに自信ありのお店。

代々木公園で行われたチャイナフェスティバル2017で、中華料理の中でも特に辛いことで有名な「四川料理」や「湖南料理」を集めて、辛くて美味いナンバーワンを競おうぜ!というアツい企画がありました。店舗情報も掲載していますので、激辛好きの方は、コチラもチェケラッチョしてみてください!
四川人と選んだ!東京で本場激辛料理!店舗情報あり
チャイナフェスティバル2017で開催されていた「炎の激辛中華グランプリ」で、四川人の妻と一緒に、激辛料理を3つ選んで紹介します!実店舗が東京にあるので、興味のある方は訪れて見ると良いと思います。

マーラータン(麻辣烫)

今回コチラのお店でトライした激辛料理は「マーラータン(麻辣烫 málàtàng)!
唐辛子のホットな辛さと、山椒のスパイシーな辛さが、同時に味わえる一品です。
お店によって一緒に煮込む具が様々で、辛さの裏を支える旨味にもお店の特徴を楽しむことができます。
本場中国では、街角にマーラータン屋さんがちょこちょこあって、お腹が空いたらフラッと寄って、自分の食べたい具を自分で選んで、似てもらいます。中華激辛ファーストフード。

中華料理の「からい」
中華料理にも色々ありますが、『李厨』さんは湖南料理のお店です。湖南料理は、唐辛子の辛さが特徴です。中国語では「辣(là ラー)」といいます。ラー油の「ラー」ですね。ところで、辛い中華といえば四川料理も有名ですが、あちらは山椒の痺れる辛さが特徴です。ピリピリとした辛さのことを、中国語では「麻(má マー)」といいます。

写真


湖南料理のお店だけあって、どちらかというと辛味がメイン。
とはいえ、日本での出店だからか、そこまで激辛というわけでもないです。
たとえるならば、スープカレーの結構辛いやつぐらいの辛さ。

つきのひと
つきのひと

客観的に言えば、結構辛いんじゃんか。


で、辛いマーラータンのつけあわせが、この辛い麻婆豆腐です!

つきのひと
つきのひと

とはいえ、まあ少量なので、へいちゃらです!


お米の香りが、中国で食べたそれと同じだったのは、品種なのか、炊き方なのか。
辛いのが得意でも得意じゃなくても、お米に救われます。

つきのひと
つきのひと

ごはんがごはんがススムくん!

勝手に星いくつ?

辛さ(ホット)
スパイシーさ
総合点
中華麺か春雨が入っていたら総合点が1つ上がってたかも…

あわせて読みたい

https://luuluuul.com/meishanfang_maladaoxiaomian/
https://luuluuul.com/shisen-ryori-3sen/