子供より早起き!朝活で作業能率アップ実践(1日目)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
からだの健康

はじめに

こんにちは、つきのひと(@luuluuul)です。
クリエイターやブロガーの方は、やりたいことがあっても時間との戦いみたいなとこ、あると思います。
皆さんはどうやって時間を作っていますか?
僕の場合、家で作業をしていると2歳の娘が「遊んで遊んでー」ときちゃうので、できれば一人きりでの作業ができる時間を確保したい
[post id=”882″]
ということで、今日から初めて見ました、朝活
まだ1日目ですが、かなりいい感じです。
ということで、何気に連載企画として、実際に朝活してみた感じを毎日(目標!)記していこうと思います。

朝活1日目


さて、生活様式を変えるぞ!…ということで始めた朝活企画。
記念すべき1日目の様子を振り返ります。

起床

話は昨晩7時半から始まります。
いつもは娘との風呂が8時過ぎなのですが、風呂だぞ風呂だぞと勢いで急かして、無理やり30分以上早めました。
なんだかんだで就寝は10時
で、今朝の4時半
目覚まし(隣の部屋にかけている携帯電話のアラーム)の音に最初に気づいたのは妻でした。
で、その妻に起こされた、ふがいない夫が僕です。
妻はそのまま眠りに入りましたが、なんだか「ごめんよ妻」って感じがしました。
というのも、うちの家族は夫婦と娘が、とても大きなローベッド(セミダブルを2つ並べた大きさ)で川の字になって寝ています。
なので、アラームをかけると、どうしても妻にも聞こえてしまいます。
ここは改善しなきゃかなと。
自分だけ起きる方法は無いものかと模索しています。

起きてから

とにもかくにも、4時半起床に成功しました。
ぼーっとしてしまって、30分くらい時間が過ぎてしまいました。
Macを開いたときに、ついついメール確認してしまったからかもしれません。
何をすべきかを事前にまとめておかないと、少し起きてからの時間のロスが出てしまうかなっていう感じがちょっとしました。
寝ぼけてぼーっとした頭を起こすのにはと、エスプレッソが1番です。
今朝はコンビニで買ったスタバのエスプレッソですね。
いつもはミルクコーヒーだったんですが、スッキリ度が格段に上でした。

作業時間

作業時間に実践したのは、ポモドーロ・テクニックです。
25分作業して、5分休んで、また25分間作業して、5分休むって感じで、確保できた作業時間は1時間きっちり。
休憩時間の10分を含んでですけれどね。
家での作業は絶望的だと思っていた僕にとっては、まずはこの1時間だけでも御の字です。
明日は1時間半とかできそうだし、慣れてくると2時間とかできるのではないかと思います。
作業内容については、少し専門的な内容なので、またの機会にしたいと思います。

よかった点

一番大きいのは、睡眠時間がしっかり確保できたところです。
やはり先に6時間寝てあるというのは大きいです。
深夜の時間帯に作業すると、時間の使い方の効率があんま良くなかったりとかしますよね。
夜は気分は盛り上がるけど、冷静に振り返ったら何も成果がなかったという時間が発生ししまいがちです。
なんですけれど、朝活の場合はまず睡眠時間を確保してあるので、しゃっきりした頭で作業に没頭できます。
あとは、朝一の仕事がつらくなかった気がします。

反省点

  • 妻を起こしてしまったこと
  • 起きてから少しぼーっとしたこと
  • 朝活したことで昼間から夕方にかけて油断したかも

妻を起こしちゃったのは、方法を考えなければです。
起きてからと、昼間夕方については、慣れればなんとか改善していけると思います。
明日からも頑張ります。
ではでは、おやすみなさい。

ちなみに

この記事は、下の方法を使って、駅から家まで歩いて帰るスキマ時間を中心に作成しました。
[post id=”1355″]
みなさんもぜひ、試してみてください!